EZ-Japan BLOG since 2017 真・MFC千夜一夜物語

EZ-Japanブログは、真・MFC千夜一夜物語という流体制御機器=マスフローコントローラ(MFC)の解説記事をメインに、闘病復帰体験、猫達との生活が主なコンテンツです

Decoのマスフロ徒然日記

覆水盆に返らず

随分ご無沙汰した”Decoのマスフロー徒然日記”です。

10年で2度目の”死にかけた”体験をしまして、さすがのDecoも懲りたのですが・・・
いや、ほんとに嫁さん始め家族、担当医さんや看護師の方々のお陰で命を拾い、またこうしてブログを書いたり、皆さんからのご相談をお受けしたりできる環境に戻ってこれてよかったと実感しています。

さて、皆さんからのご相談で、「マスフローコントローラー(MFC)が思ったように制御できてない。」というものが、たまにあります。
他のご質問、例えば”ゼロずれ”や、”バルブの詰まり”と言う明確な悪者がMFC内部に存在(自責他責は問わず)するご相談と異なり、なかなかこのご相談内容に的確な回答をさせて頂くのは難しいのです。
なぜならMFC本体の問題ではない要素、例えば設定信号(SV)が適切ではない場合、真・MFC千夜一夜物語 第331話 MFCの応答性 その7 でお話ししたような急激にSVが変化するような制御をしようとされていたり、あるいはライン切り替え時、ボンベレギュレーターの払い出せるガス流量の一時的な不足から生じる一次圧降下がもたらす圧力変動影響、ニードルバルブの圧損増大による流量低下等が絡んでいる為に、メールでMFCの情報を貰っただけではなかなか真因がわからない事が多いからです。

若いメーカー社員さんだと、そういったMFCへの信号系や配管周辺機器の振る舞いに対する知識が無い状態で、自社製品の事だけを考えてしまうと、もうお手上げになってしまうのではないでしょうか?
かくいうDecoも、営業でデビューした頃は全く分かりませんでしたから、お客様の相談やクレームに顔が青くなるばかりでした。

自社の技術者で詳しい人に教えてもらえたらいい方で、下手すると現場で泊まり込みに近い状態で、ああでもないこうでもないとお客さんと試行錯誤を繰り返した事もありました。
きつかったですが、そういった経験を重ねた結果、色んな知見を吸収できたのは幸せだったと思います。
今はCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)で、お客さんと接触する方法が間接的な手法に急激に移行しつつありますから、更に大変かと思います。
でも、逆に言えば、今はWeb-MTGで複数人で問題の解を議論したり、動画やデータを取ってもらって、ネットを通じて共有できるという利便性がとんでもなく向上していますから、要はそれらをうまく活用して、正解を導き出すことができればいい訳です。

Decoは、MFCでの流体制御の世界は”覆水盆に返らず”だと思っています。
当たり前に聞こえるかもしれませんが、MFCが流量センサーからの信号(PV)と外部からのSVを比較して、SV=PVとなるように流量バルブ制御信号(MV)を可変させるという流体制御を行う限り、流量センサーで測れない位置、又は流量制御バルブで増減できない位置 つまりMFCの下流にいってしまった流体をMFCはどうすることもできないのです。
そのことを何か困った事があった際は、思い出して頂けると良いのではないかと思ってます。
201020_03

はい、何やらまたつらつらと書いてしまいましたが、DecoのDecoのマスフロー徒然日記でした。

Decoの徒然日記 EZ-Japan Deco




完全無欠のマスフローコントローラー

久しぶりの”Decoの徒然日記”です。

この新型コロナウイルス感染症(COVID-19)下の世の中、すっかり知り合いと呑みに行ったりすることもなくなり、かといって家族がやっているオンライン飲み会的なものにも抵抗があり・・・
Decoはどちらかと言うと新しい物好きなので、本来そういうのはすぐに飛びつくのですが・・・

ビフォーコロナ、その頃(マスフローメーカーに居た頃です)は呑んで、二次会はカラオケというのが、のDecoのパターンでした。
カラオケでのDecoの持ち歌は、その昔流行った アラジン”完全無欠のロックンローラー”(youtubeで探してみて下さい)という歌のオリジナル替え歌 
”完全無欠のマスフローコントローラー” という歌でした。

替え歌の大意は「うちはトップのマスフローメーカーじゃないけど、作ってるマスフローは完全無欠だぜ!でも、世間にはいまいち認められてないけどな!売れてないし・・・クソー!」なんて他愛もない歌なんですけど、サビの部分は工場の作り手の皆さんにも大うけでした。

♪完全無欠のマスフローコントローラー 
あたいら市場で無視されて
マスフローだけで食っていく 
馬鹿にするなよ ××社の××!♪ 


すみません、××はさすがに実名なんで出せません・・・

おバカな時代だったと思います。
でも、今のメーカーさんは、「うちの技術は世界一!うちのマスフローコントローラーは完全無欠!」と思って仕事ができていますか?

どこかのお客さんがこう言うから・・・
参入する為には、同じものを作らなきゃ・・・
確かに一つの戦略なのですが、それじゃMFCなんて、最後はどこが作って物も同じになってしまいますよね?
上記の導入戦略+アルファ ”完全無欠のマスフローコントローラー” アピールが欲しいよねと思ってしまいます。

Decoはここ数年、オランダのBronkhorst HIGT-TECH B.V. さんと付き合っていますが、彼等にはそれがあります。
「うちのマスフローはすごくいいぞ。なぜ日本のお客さんたちは、使わないのかな?」
という台詞が、決して売らんかなの営業向け販促トークではなく、本気(マジ)でそう思ってるんだなぁと感じる事があります。

日本のマスフローメーカーさんも元気を出して、完全無欠のマスフローコントローラーを作りましょうよ!
作るためには、自分たちは何をもって完全無欠なのか?という根拠が無いとだめですよ。
どこかのマスフローに似ている無難なものを作ってたらじり貧で、逆転なんてできるわけないですよ。

最初、市場で馬鹿にされると思いますけど、いいじゃないですか、言わせておけば・・・
「燕雀安くんぞ鴻鵠の志を知らんや」とでもうそぶいてればいいのです。
ああ、でも今は味方の陣地の高ーいところからも同じように攻撃されますよね。

♪ファイト 闘う君の唄を 闘わない奴らが笑うだろう ♪ 中島みゆき ファイト! より

組織にはいるんですよ。
「選択と集中」とか「コンプライアンス」とか、どこかの誰かが言っていた台詞のコピー魔の人たちが・・・
Decoはサラリーマン時代、よく「1台でもマスフロー売ってきてから言え!」的な事をすぐ言ってしまいましたが、それは皆さん、絶対にマネしないでくださいね!

Decoの徒然日記

透明な液体を水だとは思うな!

はい、久しぶりのマスフロ徒然日記です。

今回のタイトルですが、これは初めてお客様の現場に行くDecoへ、当時のマスフローの師匠から投げかけられた言葉です。

「半導体関係の工場へ入る時は、床に透明な液体が漏れていても、ただの水だとは思うなよ!」という言葉でした。
よくわからないままに頷いたDecoに「意味が分かるか?透明な毒薬・劇薬は通常の暮らしではお目にかかることは無いが、そんなものを使ってモノづくりをしているのが半導体産業なんだよ。だから、その製造現場では、どこに危険な液体があるかわからないってことだよ。ガスも同じだが、ホスフィンが漏れていたら、もうそこでサヨウナラだから、諦めろ。」となんとも物騒な追い打ちを頂いたのでした。

その言葉が身に染みたDecoはそれ以来、現場監督を務める際もこの話を必ずして、神経質なくらいに対応するようになりました。
この世の中で一番大事なのは人の命です。
メンテナーの方からフッ酸にカルシウムを食い尽くされて、手のひらに穴が開いてしまった話を聞いたりしていましたから、Decoにとっては、それはもう恐ろしき半導体の世界だったのです。
今も仲良くしてもらってるある会社の社長さんが、お客様の作業場で少量の水が漏れていると思って作業服の裾で拭き取ろうとしたときも、周りがびっくりするような声で注意しました。(今でも”鬼の形相だった”と笑い話になってます。)

そういった危険な物質と遭遇する可能性が高いのが、マスフローで商売をするという事なのです。
ですから、皆さん マスフローを修理などで返却する時は、必ず念入りなパージを行って下さい。
不注意で、修理品を分解した作業員の健康に障害が生じないよう、大事な命が奪われないように・・・
何回も紹介していますが、ブロンコスト・ジャパン(株)では、除染告知書と言うフォーマットへの記入と、梱包への貼り付けを依頼しています。

200904_1
ブロンコスト・ジャパン(株)除染告知書フォーマット

このような書式を活用いただき、記載いただくのはすごく大事で、ありがたい事なのです。
なぜならお客様だけが、マスフローに流入した可能性がある透明な液体が、ただの水なのか?純水なのか?それとも毒性材料なのか?を御存知なのです。
受け取るマスフローメーカーの人間は、そこまではわかりません。
それでも開封するのは、貴方の会社とマスフローメーカーとの間に信頼関係があるからなのです。
この書式を埋めるには、そのマスフローがそれらに晒されたあろうあらゆるイレギュラーが派生する可能性を理解していないと精度の高い告知書は書けません。
知らなかったでは済まされません
これに関しては、普段温厚なDecoも鬼の形相でお聞きしますので、宜しくお願いしますね。

下手をしたら、作業員だけでなく従業員全体が重篤な状態となり生死の境をさ迷ったり、後遺症に苦しむことになりかねません。
それを救うのは貴方なのです。
是非とも宜しくお願いいたします。

マスフロー徒然日記 by Deco EZ-Japan

MFCのKv値(Cv値)を聞いても意味がありません

徒然日記なのですが、本人が思ったより扱いが難しくて、そのまま放置していました。

本音をぼやくと言いながら、いやいやなかなか難しいものだなぁと・・・

 

さて、流体制御システムを組まれる方ならバルブ関連の用語 Kv もしくは Cv という言葉を御存知かもしれません。

本ブログでも、MFC豆知識“【用語解説】Cv値とKv値” で解説しています。

 

ここの最後の文で、
“でも、マスフローコントローラ(MFC)の場合、これらの容積係数の分だけ必ず流量が取れるわけではないので、そこのところは要注意です。”  
と書いたのですが・・・

この後も結構、聞かれることが多いのです。

それも、流体制御の初心者ではないような方々から・・・

 

これは書こうかなと思ったので、ここで簡単にお話ししておきます。

 

MFCKv値(Cv値)を聞いても、意味はありません!」

 

全く意味はない事はないのですが、それはMFCを全開にしてパージするときくらいで、それすらソレノイドアクチュエーターのMFCなら、経時的にコイルから発熱が大きくなることで、アクチュエーターの推力がダウンするので、やはり正確な値とは言えなくなります。
ピエゾの場合は、熱へ変換される事がほとんどないのでいいのですが、そもそもリフト量が小さいアクチュエーターなのでバルブ全開モードでもそのKv値(Cv値)分で流せる流量はたかが知れています。

パージが必要ならば、かならずMFCをバイパスする配管を設置してください。

 

では、通常制御時になぜKv値(Cv値)の情報が役に立たないか?というと、先ほどの文章に答が書いてあるのですが、MFC通常流量制御時はKv値(Cv値)よりはるかに下の流量レンジで制御しているからです。

 

「では、この設定流量時のKv値(Cv値)なら出せるだろう!」


と、お聞きになる方もおられます。

出せない事はありませんが、やはりあまり意味はないかと・・・

MFCに搭載される流量制御バルブは、ある電圧信号VS開度での流量曲線を示す比例制御弁、電動モーターバルブとは異なった配管制御部品です。

異なるのは構造のことではなく、その役割の事です。

 

あくまで流量センサーからの流量信号(PV値)と設定信号(SV値)を比較し、それらが同値になるようバルブ制御信号(MV)を可変させるのがMFCなので、MFCの役割は流量を制御する事であり、そこに搭載されている流量制御バルブに求められるのは、ある値のバルブ制御信号を得たら器差なく同じKv値(Cv値)になるようにそれを制御する事ではないからなのです。

 190624_02

 

MFCMFCの中で調整計をもっており、自身でフィードバック制御をするものであること、
MFCPID制御を活かしたまま、外部からPID制御でSV値を与えて制御しようとする間違いをおかした際にも直面する理屈なのですが、MFCが何たるか?を、理解いただく上で一番重要なところです。

 

マスフロー徒然日記 by Deco EZ-Japan

最近の若いマスフローの営業は・・・

はい、久しぶりのDecoの言いたい放題”マスフロー徒然日記”です。


Decoもデビューして二十数年、気が付くと「最近のマスフローの営業はたるんどるよ」等とジジイ臭い独り言を言ったりするようなったのですが、「一線から離れたロートルが、偉そうに何言ってんだかw」と笑い飛ばしておいてください。

先週末、知り合いと昔話をする機会がありまして、そこで思ったのですが、
「最近の若いマスフローの営業は・・・正直大変です。」

Decoが若いころは、マスフローのマの字もわからず、お客さんのところに飛び込んだものでした。
なにせ眠くなる質量流量だの、PID制御だの、WF6だの色んな知識をざーーっと座学しただけですから、お客様との会話はちんぷんかんぷんです。

「お前なんか、俺と話すのは10年早い!」

と怒鳴られて、しょぼくれて帰った記憶を思い出します。
(悪いのはDecoなんです。何もわからず液晶工場でWF6の話をしてしまったのですから・・・)

当時は半導体メーカー(エンドユーザー)には熱いハートの(こわい)技術さんが多くおられました。
各半導体工場の設備技術やプロセス技術には、

「俺を通さずに、この工場にMFCを採用してもらえると思うな!」

という、ゲームで言うところのボスキャラがおられたのです。

「俺の前でプレゼンを最後までやり遂げることができた奴は、今までほとんどいない。」

もう完全に脅しwを食らって、ビビりながら説明をしたこともありました。

でも、皆さん優しかったのです。
当時の半導体工場の技術さんは、皆さん多忙な毎日を送っておられました。
MFCメーカーの新人営業マンに、貴重な時間をさけるようなそんな暇な人は一人もいなかったはずなのに、皆さんDecoの拙い説明に付き合ってくださいました。
そして、ダメ出しをしてもらい、もう一度出直すことになるのですが、何度も繰り返した後である日・・

「少しはできるようになったじゃないか・・・」

と、ジャブローでアムロのガンダムと再戦したシャア大佐みたいなセリフをかけてくれたのです。
うれしかったですね。
よし、もっと頑張ろう!と、初回しょげて帰った道をルンルンで帰った記憶が今でも残っています。

Decoのデビューした時代は、お客様が先生になっていただける幸せな時代でした。
自社の社員だけでなく、業界の人間の底上げを真摯に考えて頂いていた諸先輩方がおられたからです。

でも、今の時代は違うとよく聞かされます。
半導体製造装置の技術も確立し、お客様もMFCそのものへの関心が低下しているこの時代に、時間を割いてよその会社の人材育成に手を貸すような人は少ないですし、ましてや社内外のハラスメントに対する対応や、コンプライアンスを強く求められる世の中なのです。

今の日本は「触らぬ神に祟りなし・・・」になっている気がします。

だから、
「最近の若いマスフローの営業は・・・正直大変です。」

身体を壊したこともあり、メーカーサイドでの貢献ができなくなったDecoなのですが、お世話になった業界に少しでも恩返しをしたくて、”MFC千夜一夜物語”という世にも珍しいマスフロー専門ブログを書き始めました。
次世代の人たちに少しでも役に立てばなぁ・・・と思っています。

「一線から離れたロートルはさっさと引っ込め!」
と、後進に言ってもらえる日が早く来ますように・・・

マスフロー徒然日記 by Deco EZ-Japan


EZ-Japan(イージージャパン)Deco こと 黒田です。 2014年6月開業です。流体制御機器マスフローコントローラーを中心に”流体制御関連の万(よろず)屋”として情報発信しています。 日本工業出版「計測技術」誌で”マスフロー千夜一夜物語”の連載中です。
QRコード
QRコード
Decoへのメッセージ

名前
メール
本文
記事検索
タグクラウド
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ