EZ-Japan BLOG since 2017

EZ-Japanブログは、真・MFC千夜一夜物語という流体制御機器=マスフローコントローラ(MFC)の解説記事をメインに、闘病復帰体験、猫達との生活が主なコンテンツです

新製品

ブロンコスト 2018年新製品発表!

<先週は出張の為、更新をお休みしました・・・>

さて、6月11日~15日にドイツで開催されたACHEMAで、ブロンコストが新製品を発表しているようです。詳しくは下記リンクから ブロンコスト/マスフローのBlog へ。

1.EL-FLOW Prestigeの流量レンジ拡張(100 ln/min Air)
サーマルマスフローメータ・コントローラEL-FLOW Prestigeの大流量版が発売されます。
EL-FLOW Prestigeは温度補正機構やマルチガス・マルチレンジ機能を搭載した、EL-FLOWシリーズの上位機種です。

これまでは0.014...0.7 mln/min~0.4...20 ln/min (Air換算)をカバーしていましたが、新たに最大2...100 ln/min (空気換算)をカバーするFG-201AV (デジタルマスフローコントローラ)、FG-111AC (デジタルマスフローメータ)が追加されます。

180702_01
EL-FLOW Prestige FG-201AV <出典:ブロンコスト・ジャパン(株)>

2. EL-FLOW Prestige Pressure Insensitive (PI); 圧力センサー搭載型
サーマルマスフローEL-FLOW Prestigeに圧力センサーを搭載し、リアルタイムでプロセス圧力変動に対する補正を行うEL-FLOW Prestige Pressure Insensitive (PI)です。
他社のPIとは趣が異なっています。
従来のPIは流量制御時に一次圧の圧力変動が起きると、流量制御に乱れが生じるのを防ぐためのものでしたが、ブロンコストは一味違いそうです。
圧力・温度によりコンバージョンファクター(CF)は変化する為、マルチCFを採用しているのがブロンコストです。
EL-FLOW Prestigeは、DTB(Differential Temperature Balancing)およびオンボード温度補正機構を搭載し、この内の温度影響を極力排除していました。
また、外部の圧力センサーからの信号を受信し圧力影響を補正する機能を搭載していました。
今回は、内蔵圧力センサーで圧力影響を補正するモデルを追加した形になりそうです。


180702_02

EL-FLOW Prestige FG-201CVP<出典:ブロンコスト・ジャパン(株)>

3. EL-PRESSにプロセス圧力コントローラを追加
上流圧力コントローラであるP-700と、下流圧力コントローラP-600を組み合わせたプロセス圧力コントローラP-800が発表されました。


P-700およびP-600はMFCではなく、オートマチックプレッシャーコントローラ(APC)でした。
これらはオープンボリューム、つまり常に流れがある環境での圧力管理向けでしたが、P-800はクローズドボリュームの圧力を一定にたもったり、昇圧や降圧といった圧力管理を可能にするとの事です。

180702_03

EL-PRESS P-800プロセス圧力コントローラ<出典:ブロンコスト・ジャパン(株)>

詳細情報は、ブロンコストから入手次第、お知らせしますね!

EZ-Japan MFCニュース by Deco

ブロンコスト 新製品と新技術発表!

ブロンコスト・ジャパン(株) セールスブログ と Bronkhorst High-Tech B.V. のブログから新製品と新技術の話題を2点ピックアップしてみましょう。

まずは ブロンコスト/マスフローのブログ から MASS-STREAMの新ラインナップがどうやら出てきそうな気配です。
0c79821e.jpg
【出典:ブロンコスト・ジャパン(株)】

今まではD-6380 AIR換算 フルスケール 5,000ln/min まででしたが、新たにD-6390の写真が発表されています。
正式発表はまだですが、9,000ln/minまでフルスケールが大きくなりそうです。


180410_01
【出典:ブロンコスト・ジャパン(株) ブロンコスト/マスフローのブログより写真転載】

更にBronkhorst High-Tech B.V. =オランダ本社 のブログ ”NEW FLOW TECHNOLOGIES USING INTEGRATED SENSOR FUNCTIONALITY”では、これは面白そうなセンサーの記事が発表されていました。

MEMSでコリオリ式流量センサーを着くていますよというお知らせは、前回3/6の本ブログ記事で取り上げていますが、実はそれはほんの一部に過ぎなかったようです。
MEMSにするメリットは生産性を上げること、品質を安定させる事がよく話題になるのですが、流量センサーというニッチな世界ではワールドワイドでもその需要量が知れていて、そこが困りものでした。
今回の試みのように、むしろMEMSにすることによってハイブリッドセンサー=マルチセンサーにしていく多機能化への流れは、非常に意味のある事かと思われます。

180410_02

【出典:Bronkhorst High-Tech B.V. ”NEW FLOW TECHNOLOGIES USING INTEGRATED SENSOR FUNCTIONALITY” March 20, 2018 写真転載】

これからの動向を本ブログでもお知らせしていきたいと思います。

EZ-JAPAN MFCニュース BY DECO


新製品ソニックフローメーター “ES-FLOW”が入荷してました!

先日、ブロンコスト・ジャパン(株)に伺ったら・・・
新製品のソニックフローメーター “ES-FLOW”が入荷してました!

171015_01
【撮影協力:ブロンコスト・ジャパン(株)】
写真のイメージより小さかったです。
家電製品のような立派な箱に入っていたので、びっくり!

ギアポンプや比例制御弁と組み合わせて、本体からPID制御できますから、簡単に液体流量制御が可能です。マスフローポンプの弟分ですね!
171015_02

新しい動画もYouTubeにアップされました。
 
こういうところがマメですね!

コリオリ式は質量流量を測定するのに対して、超音波はあくまで体積流量計ですから、温度・圧力補正が必要になります。
でも、物性が明確な液体なら、コリオリ式マスフローでマスフローポンプを構成するよりも、安価なフローコントロールモジュールが組めます。
名付けて「ソニックフローポンプ」とでも呼びましょうか?
とにかく面白い製品です。
興味持たれた方はお声がけください。

【MFCニュース】 by Deco EZ-Japan

EZ-Japan(イージージャパン)Deco こと 黒田です。 2014年6月開業です。流体制御機器マスフローコントローラーを中心に”流体制御関連の万(よろず)屋”として情報発信しています。 日本工業出版「計測技術」誌で”マスフロー千夜一夜物語”の連載中です。
QRコード
QRコード
Decoへのメッセージ

名前
メール
本文
記事検索
タグクラウド
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ