EZ-Japan BLOG since 2017 真・MFC千夜一夜物語

EZ-Japanブログは、真・MFC千夜一夜物語という流体制御機器=マスフローコントローラ(MFC)の解説記事をメインに、闘病復帰体験、猫達との生活が主なコンテンツです

EX-FLOW

水素用に防爆マスフローは今や常識?

水素社会という言葉を聞く機会が増えましたね。
カーボンニュートラル実現に向けた鍵となるのが水素だと言われています。

水素は、多様な資源から製造できるため、国内での製造や、海外からの資源の調達先の多様化を通じ、我が国のエネルギー供給・調達リスクの低減に資するエネルギーです。
また、水素は、再生可能エネルギーによる水の電気分解や、化石燃料と二酸化炭素の貯留・再利用技術を組み合わせることで、カーボンフリーなエネルギーとして活用可能です。
多くの国がカーボンニュートラルの実現に向けて動き出す中、発電・輸送・産業といった幅広い分野の脱炭素化に資する、2050年カーボンニュートラル実現に向けた鍵である水素。
日本は、水素の社会実装に向けて、水素を「つくり」「はこび」「ためて」「つかう」取組を、世界に先駆けて推進しています
そんな水素用で注目を集めるのがブロンコスト(Bronkhorst High-Tech B.V.)TIIS認証本質安全僕構造マスフローメーター(MFM) EX-FLOW です。
 F-106EX
EX-FLOWシリーズ 出典:ブロンコスト・ジャパン(株)

EX-FLOWは、EUで必須のATEX防爆規格に加え、以下の3エリア向け本質安全防爆認証を獲得しています。

IECEx = IECEx DEK14.0060
TIIS = 検・第TC21584号 (日本) *MFMのみ
KCs = Ex ib IIC T4 (韓国) *MFMのみ

IECExをそのまま自国の適合品として受け入れている国はオーストラリア、ニュージーランドなどです。
各国でIEC規格を検定の基準とする動きも進んではいますが、現時点では日本はJPEx(TIISその他認証機関)、韓国はKOSHAの国内用型式適合証明が必要です。

TIIS国際規格に整合した技術基準認証本質安全防爆マスフロートランスミッターであるEX-FLOWは、(株)タテヤマ製作所のユニバーサル・ワンループ・プロセスコントロールモジュールTSPM003シリーズとの組み合わせで、TIIS認証本質安全防爆MFMシステムとして流量測定が可能になります。
230714_02

 
出典:ブロンコスト・ジャパン(株)、(株)タテヤマ製作所 作図:EZ-Japan

 更に他社製品になりますが、TIIS耐圧防爆型操作端(調整弁)との組み合わせでマスフローコントロールシステムとして流量制御も可能になります。
 230714_03
出典:ブロンコスト・ジャパン(株)、(株)タテヤマ製作所 作図:EZ-Japan

JPExに対応したTIIS認証本質安全防爆構造のマスフローは、現在BronkhorstのEX-FLOWシリーズのみです!
EX-FLOWに興味を持たれたら、EZ-Japanへお問い合わせください!

EZ-Japanここでもう一押し by Deco

真・MFC千夜一夜物語 第261話 マスフローに防爆仕様は存在するの? その8


 もう一つのMFC千夜一夜物語が掲載されている日本工業出版さんの「計測技術」誌 
20189月号(8/25発売)では、マスフローコントローラ(MFC)、マスフローメータ(MFM)の流量校正に関する解説です。

本ブログと併せてお読み頂けましたら、幸いです。

 

ブロンコスト・ハイテックBronkhorst High-Tech B.V. 以下ブロンコスト)の防爆用=危険場所用マスフローコントローラ(MFCEX-FLOWにはATEX本質安全防爆構造MFCが存在します。

このMFCタイプのEX-FLOWは、見かけ上は一体型のMFCに見えても、MFCに必要な制御基板はそこにはありません。
本質安全防爆構造を採る故に、危険場所に電気エネルギーを極力供給しないようにするためです。
マスフローメータ(MFM 本質安全防爆構造の場合、正確には流量センサーのみなので、流量発信器)とコントロールバルブは、非危険場所に設置したPID制御基板を内蔵したバリア付き電源・リードアウトシステムE-8000に各々独立したケーブルで接続されることで、防爆構造流量測定&制御ループが確立するようになっているます。

 

 180918_01

 

つまり、EX-FLOWMFCタイプは、MFCのブロックの上にATEX本質安全防爆構造の流量発信器と、ATEX認証品コイルを採用したコントロールバルブを便宜上同居させているだけなのです。
外部から設定信号を受け、本体内の流量センサーから出力される流量信号と同値になるようコントロールバルブの制御を行う機能をワンパッケージ化したものがMFCならば、厳密にはMFCと言えないかもしれませんね。

必ずE-8000との組み合わせで本質安全ループを組まない限りは、意味が無いのです。
下図で本来のMFCの機能をどう分割しているかを、図示してみました。

 180918_02

ブロンコストのEX-FLOWATEX本質安全防爆MFCシリーズは、前回連載で紹介したMFMと同じく、幅広い流量・圧力レンジへの対応が可能です。

<ブロンコスト・ジャパン(株)HP EX-FLOWのページへ>


本質安全防爆構造が求められる部分が流量センサーとソレノイドアクチュエーターコイルに絞られる為に、MFCのその他のメカ部分は従来品とほぼ同様です。

そのお陰で本質安全防爆構造でありながら、幅広い流量、特に大流量サイドでは、500m3n/h(n=ノルマル:0℃、1013hPa基準)という流量に対応できています。

ただし、前述のとおりあくまでATEX本質安全防爆構造であるために、いくら性能的にも仕様的にも優れた製品であっても、日本国内での防爆用途で使用することは難しいかもしれません。

この問題の解消の為のチャレンジが、TIIS本質安全防爆認証”取得だったのですね。

 

【あなたにMFCの夜が来る~真・MFC千夜一夜物語】by Deco EZ-Japan

 

計測技術 10月号にて 本質安全防爆構造マスフローのご紹介記事を書きました

9/25に発売された日本工業出版(株)さんの計測技術誌の連載 マスフロー千夜一夜物語 <質量流量計の基礎> 第38回、
171010_01

そして11月号の第39回の2回にわたり、防爆構造のマスフローメーター(MFM)、マスフローコントローラ(MFC)に関して、2017年春、「本質安全防爆構造MFMのTIIS認証を取得」を発表したブロンコスト・ジャパン(株)の新製品を中心に2回にわたって解説を書かせていただきました。

170702_01.jpg
<出展:ブロンコスト・ジャパン(株)>

1回目として39回は、まず防爆仕様の概説から入ります。
171010_02.jpg

マスフローをお使いの方々には防爆という言葉はなじみがないものかと思いますので、(Decoもそうでした・・・)各種防爆構造の概説から入って、その後、本質安全防爆構造MFMでの流量測定に必要な機器構成を解説する記事内容です。(MFCに関しては11月号の後編で・・・)

171010_03.jpg

興味をお持ちいただけたら、是非「計測技術」10月号をお買い求めください!
お申し込みはこちらから!

【EZ-Japan】 by Deco EZ-Japan

EZ-Japan(イージージャパン)Deco こと 黒田です。 2014年6月開業です。流体制御機器マスフローコントローラーを中心に”流体制御関連の万(よろず)屋”として情報発信しています。 日本工業出版「計測技術」誌で”マスフロー千夜一夜物語”の連載中です。
QRコード
QRコード
Decoへのメッセージ

名前
メール
本文
記事検索
タグクラウド
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ